碁盤将棋盤本書籍 オンライン通販価格販売 - 2008/06


カテゴリ
囲碁将棋無料ランキングフリーソフトゲーム24
碁盤将棋盤本書籍 オンライン通販価格販売/一覧 (1135)


海外かわいいプロフィール画像動画写真wiki2chブログ
囲碁将棋フリーソフト

2008年6月
         

新着エントリ

アイドル無料画像写真動画wikiブログランキング

アーカイブ
2008年 (45)
6月 (10)
7月 (12)
8月 (2)
12月 (21)
2009年 (1089)
1月 (371)
2月 (206)
3月 (490)
4月 (9)
5月 (6)
6月 (1)
7月 (6)
2012年 (1)
6月 (1)


アクセスカウンタ
今日:0
昨日:109
累計:691,102


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



▲ページの先頭へ
玉の囲い・美濃囲い

本美濃


最もオーソドックスな美濃囲い。横からの攻めに強く、初心者の方にもお勧めの囲いです。

高美濃


本美濃がさらに発展した形です。本美濃に比べて上部からの攻めにも耐性がついています。

片美濃


本美濃に比べて金が一枚欠けた形です。守りの強度は強いとは言えませんが、金を別の場所に配置したバランスの良い布陣を組むときによく現れます。

金美濃


美濃囲いと比べると硬さには劣りますが、バランスの良い囲いと言われています。発展性に乏しく、近年はほとんど見かけることのない囲いです。

カブト美濃


片美濃に比べてさらに3七に銀を配置した形です。

銀美濃


5八の金が銀に変わった形です。3間飛車などの布陣に現れますが、6八からの横の守備力に弱いという弱点があります。

銀冠


高美濃からさらに発展した形です。上部や端の弱点を補強していますが、反面下部からの攻めには弱点があります。

天守閣美濃


玉が一つ上にあがった形です。相手の攻めから玉を事前に遠ざけている意味があります。


・・・もっと詳しく

囲碁・将棋無料講座へ戻る


玉の囲い・矢倉囲い

金矢倉


最も代表的な矢倉囲いです!上部の守備力は高いです!

銀矢倉


金矢倉の金の一つが銀になった形です!上部からの攻めには金矢倉より柔軟に対応できますが、横からの攻めにはやや弱いと言えます。

総矢倉


金矢倉に5七銀がついた形です。金矢倉より守備力は高まりますが、反面攻撃に銀を使いにくくなります。

菱矢倉


六筋の位を取り、右銀を6六まで盛り上げた形です。

ヘコミ矢倉


金矢倉に組めない場合に多くみられます。横からの攻めには強いですが、上からの攻撃には弱いです。玉を7九で待機し、上部の攻めを緩和することもあります。

菊水矢倉


7七に桂を跳ね、銀を8八に置き、玉を8九に寄ります。

片矢倉


幕末の棋士、天野宗歩が愛用した囲いで別名「天野矢倉」ともいいます。この囲いは角の打ち込むスキが少ないのが強みです。

流れ矢倉


流れ矢倉は金矢倉の7七の銀が5七に移動した囲い方です。中央での戦いを重視した囲いです。

富士見矢倉


図のように、5筋の位をとり、右銀を5六に立った形です。


・・・もっと詳しく

囲碁・将棋無料講座へ戻る


玉の囲い・その他

舟囲い


玉がまるで舟に乗っているような姿からこの名前がつけられたと言われています。対四間飛車などの戦いに多用されます。

米長王


銀冠に似た形ですが、香頭の前に玉があるのが特徴です。米永永世棋聖が多用したことでこの名がつけられています。

穴熊


将棋の囲いの中で最も硬い種類と言われています。ただし、組むまでに多くの手数がかかります。

ビッグ4


プロ棋士の間でどうやらこれが最強かと言われた囲いです。穴熊の最大の弱点である端を強化し金銀4枚でバランス良く囲っています。

金無双


相振り飛車の戦いによく使われる囲いです。ただし、銀が玉の壁となっている悪形でもあります。

箱入り娘


香落ち下手の囲いとして知られる囲いです。玉頭からの攻めに弱く、平手ではほとんど見かけません。

三手囲い


将棋の囲いで最も手数の要らない囲いだと思われます。中飛車戦法などに現れる囲いです。

雁木


相掛りの戦いに多く見られる囲いです。上部の厚みに特徴があります。

カニ囲い


相掛かりで多く見られる囲いで、雁木に比べて守備力は劣りますが柔軟性があると言えます。


・・・もっと詳しく

囲碁・将棋無料講座へ戻る


将棋ルール・駒の動かし方について

将棋の駒は、先手側、後手側と合わせて40枚あります。それを図のように並べて試合を始めます。

まず、各々の駒の動きについて説明します。


将棋の中で一番大切な駒で、これを相手に取られたら負けになります。この駒は矢印のように全ての方向に一つずつ動くことが出来ます。


玉と動きがよく似ていますが、ナナメ下にだけ動けないところだけ違います。


金とは対照的な動きをします。金の動けないナナメ下に動けるのが特徴です。反面、ヨコと下には動けません。


タテにどこまででも動けます。もちろん一つずつも進めます。


矢印のような特殊な動きをします。他の駒を飛び越して進むことも出来ます。


大駒と呼ばれる最も攻撃力のある駒の一つです。上下左右どこへでもいけます。


こちらも大駒の一つです。ナナメにどこまででも動け、攻撃の核を担う駒です。


前に一歩づつだけ進むことの出来る駒です。


・・・more

囲碁・将棋無料講座へ戻る


将棋ルール・駒の「成り」について

先手側からみて、上三段が敵陣です。自分の駒が敵陣に入ると「成る」ことが出来ます。

歩→と金
図のように四段目にある歩が一歩進めば「と金」になり、金とまったく同じ動きをすることが出来るようになります。
この「と金」は金と同じ性能を持ちますが、相手に取られてもただの歩になるため、大変価値の高い駒だと言えます。相手を攻めるときはこの「と金」をつくることを考えるのも重要です。
※ちなみに成る・成らないは選択出来ますが、ほとんどの場合は成ったほうが得になるはずです。

香→成香
香も歩と同じく、成れば金と同じ動きになります。しかし、成った場合は香の性能は失われます。相手に取られて持ち駒になった場合は香です。

桂→成桂
香、歩と同じです。

金と玉
金は敵陣に進んでも性能は変わりません。玉も同じです。


銀は成ると金と同じ動きになりますが、銀の特性を生かすためにあえて成らないケースもよくあります。
図では4四の銀は敵陣に入ったときに成り、不成りを選択できます。また、一度5三で成らなかった銀が再度6四で成ることも可能です。

飛車→龍
飛車は成っても飛車本来の動きを失うことはなく、新たにナナメにも動けるようになります。この龍の威力は非常に大きく、攻撃にも大きなプラスになるでしょう。

角→馬
角も成ると本来の動きを失うことなく、さらに上下左右に動くことが出来るようになります。馬は守備力が非常に高く、よく守備に重宝されることがあります。


・・・more

囲碁・将棋無料講座へ戻る


将棋ルール・駒の利きについて

将棋の駒の動きは味方・敵の別の駒によって動きが遮られます。図の初期配置では、7六歩と進むことで角の利きが3三の地点まで通ります。

実際の対局では相手の駒の利きにも注意しなければなりません。図では飛車の利きを味方の金が守っています。

駒の利きが交差する場所では「取る・取られる」といったことが発生します。将棋は相手の駒を取って自分の「持ち駒」とし、それを自由に使うことのできるゲームです。
図では先手が「2四歩」と進んだところです。これに対し後手は「2四同歩」と先手の歩を取ります。

次に先手は飛車が利いているので「2四同飛」と取り返すことができます。

実際の対局では自分と相手の駒の利きを把握することが大切だと言えます。
・・・more

囲碁・将棋無料講座へ戻る


将棋ルール・「詰み」について

将棋は玉を詰めたとき、または詰められたときに勝敗がきまります。
図は後手の玉が詰んだ場面です。この「頭金」と呼ばれる詰み形は詰みの基本形と言えます。

この図も詰みの形です。角が利いているため後手玉は1三にも逃げられません

この図は角の利きによって詰んでいる例です。2三桂が直接の王手になっていますが、後手は2二の銀でこの桂を取ると角の筋で玉を取られてしまいます。
・・・more

囲碁・将棋無料講座へ戻る


将棋ルール・「禁手」について

将棋には4つの「禁手」があります。禁手とはしてしまうと負けになる手のことです。

1、二歩
図は3七に歩があるのに3四歩と持ち駒の歩を打った例です。同じ3筋に歩が2つあるのでこれは先手の反則負けになります。

2、いきどころのない駒はうてない
つぎに動けないところへ、桂、香、歩を打つことはできません。また、成らずにいくこともできません。

3、打ち歩詰め
最終手が歩打ちで、玉を詰めることはできません。図の場面で9四歩打ちとすると反則負けになります。

4、同形にもどる連続王手
なん回王手をかけても同じ形になる場合は、攻める側が手を変えなければなりません。


・・・more

囲碁・将棋無料講座へ戻る


将棋ルール・まとめ

ここで、今までのルール説明を復習をかねてまとめてみましょう。
1、先手、後手が一手ずつ交互に指し、二手を連続で指すことはできない。

2、味方の駒の利いているところに相手の駒がある場合は、その駒を取ることができる。

3、取った駒は持ち駒として自分が保有し、使うことができる。

4、駒の上に持ち駒を打つことはできない。

5、成り駒を取った場合は、全てもとの駒として使用することになる。

6、将棋の禁手をした場合は、反則負けとなる。

7、どちらかの玉が詰むか、投了の意思を示したときに終局となる。

8、両方の玉が入玉した場合は「持将棋」となり、引き分けまたは指しなおしとなる。ただし、駒数に甚だしき差があるときは、定められた規定によって勝敗を判定する。
・・・more

囲碁・将棋無料講座へ戻る


囲碁・将棋のマナーについて

将棋の礼儀作法

・駒の並べ方・・・いろいろな並べ方がありますが、いちばんオーソドックスなものは、まず玉を置き、つぎに左金、右金、左銀、右銀、左桂、右桂、左香、右香、角、飛、5七歩、6七歩、4七歩、7七歩、3七歩、8七歩、2七歩、9七歩、1七歩と並べる順番です。また、王は目上か実力の上の人が持つのが一般的です。

・先後の決め方・・・一般的に「振り駒」という方法を用います。一方が自陣の歩を五枚取り、それを盤上またはタタミの上に投げます。そして「歩」の面が多く出れば振った人が先手、「と金」の面が多く出れば相手が先手になります。

・待った・・・一度駒を動かし駒から指を離せばもう指しなおすことはできません。指しなおしは反則負けになりますし、マナーとしても良くないのでやめましょう。

・観戦・・・対局者には話しかけない、特に助言は厳禁です。フェアーな勝負を乱さないように心がけましょう。

囲碁の礼儀作法

・黒白の決め方・・・一般的に「にぎり」という方法を用います。一方が何個か黒石をにぎり、もう一方が白石を1個か2個にぎり偶数奇数を当てます。当たれば白石をにぎった方が黒、ハズれれば黒石をにぎった人が黒となります。

・待った・・・一度石を持ち石から指を離せばもう打ちなおすことはできません。打ちなおしは反則負けになりますし、マナーとしても良くないのでやめましょう。

・観戦・・・対局者には話しかけない、特に助言は厳禁です。フェアーな勝負を乱さないように心がけましょう。

囲碁・将棋無料講座